プログラム

ubuntu ocaml install & test

メモ 環境はWSL上で Ubuntu 16.04 fish shell install sudo apt install ocaml OK Syntax Highlight sudo apt install opam opam initopam initをするとインストールされているshellに応じて、 自動で設定を行うか聞いてくる。 最後に以下を実行しろと言って…

Raspberry piでSPI通信

RaspberryでSPIする必要がでてきてその方法を調べたのでメモ。 しかもPythonじゃないといけない。 python好きじゃないけど pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/version Linux version 4.14.66-v7+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crossto…

C++ Rest SDKでtwitter④

http://e-tipsmemo.hatenablog.com/entry/2018/07/14/000000e-tipsmemo.hatenablog.com 次は画像をアップロードする方法を示す。 昔は画像のアップロードとツイートを同時にできるENDPOINTがあったらしいが、今は使えないので 画像をアップロードしてからそ…

C++ Rest SDKでtwitter③

e-tipsmemo.hatenablog.com 続き。認証が完了したら、 oauth_tokenはaccess token oauth_token_secretはaccess token secret を得ている。ツイートを行う。 signatureを作るパラメータにはツイートと、画像をアップロードしてmedia_idがあるならばあるならば…

C++ Rest SDKでtwitter②

e-tipsmemo.hatenablog.com の続き。requestTokenが成功すると oauth_token=xxxxxx&oauth_token_secret=yyyyy&hoge=zzzzzみたいな文字列が返ってくる。 Request TokenとRequest Token Secretとなんとかid(つかわない)https://api.twitter.com/oauth/authoriz…

C++ Rest SDKでtwitter①

TwitterつかうアプリケーションでC++ Rest SDKを利用した。 C++ Rest SDKはexperimentalだがoauth1 oauth2の実装もしてあったが使い方がよくわからなかったので httprequestを直接つかった。Twitter認証のステップをメモしておく。最初にrequestTokenを得る…

Visual Studio 2017 boost xml serialization

Nuget パッケージマネージャーでboostと検索して プロジェクトのプラットフォームツールセットのバージョンにあったBoostをインストールする 今回はv140を入れた。 準備 シリアライズしたいクラスに追加する。 #include <boost/serialization/serialization.hpp> #include <boost/serialization/nvp.hpp> #include <boost/serialization/string.hpp> class hoge { p</boost/serialization/string.hpp></boost/serialization/nvp.hpp></boost/serialization/serialization.hpp>…

Visual Studio 2017 C++ Rest SDK static library build

Visual Studio 2017でcpprestsdkの静的リンクライブラリを作成したときにでてきたエラーの解決方法(2018/06/19) Cannot fimd Build/Release.Tests.settings github.com からリポジトリをクローンするのだが、WSLからgitコマンドを利用したところ、一部のファ…

C++のコンパクトなハッシュライブラリ

HMAC-SHA1を計算したかった。 win32にはcrypt32とかあるけどよくわからなかったのでgithub.com便利 #include "../sha1.h" #include "../hmac.h" #include <string> #include <vector> #include <iostream> int main() { std::string input= "what do ya want for nothing?"; std::strin</iostream></vector></string>…

stringとwstringとtstring

Visual Studioで文字列を扱うとき、 以下の設定の違いで TCHARの定義がかわる。 参考 Tchar.h における汎用テキストのマッピング typedef std::basic_string<TCHAR> tstring; typedef std::basic_stringstream<TCHAR> tstringstream; typedef std::basic_ostringstream<TCHAR> tos</tchar></tchar></tchar>…

C++ Rest SDK Visual Studio 2017 E0427 Error

WindowsでWin32のアプリを作っていたとき http requestとかするときいいライブラリないなみたいな記憶があって わざわざC++/CLIで、C#のHttpRequestクラスみたいなものをつかてたけども、MicrosoftのメンテしているC++ Rest SDKという物があったらしい。 (い…

DataContractJsonSerializerでList<T>をシリアライズ・デシリアライズする。

{ "TEST": [ { "name": "aaa", "hoge": "bbb", "foo": "ccc" }, { "name": "ddd", "hoge": "eee", "foo": "fff" }, { "name": "ggg", "hoge": "hhh", "foo": "iii" }] } こういうJSONがある。 まずこれが正しいのかチェックした lab.syncer.jp OK次にこれを…

Rust レイトレーシング ⑩ 三角形

ポリゴンの衝突判定のためにレイと三角形の衝突を実装した。 球と同様にHITトレイトを実装する。 三角形との交差判定は risalc.info にある通り。 面内のベクトルは、三角形の法線と直行するのでそこからがわかる。 ベクトルを求め、三角形を張る、を基底と…

Rust レイトレーシング ⑨ 金属・ガラス

金属とガラスを実装した。 それぞれMaterial Traitを実装し、光が当たったときのその光のゆく方向を計算する。 再帰の呼び出しに条件を付けることで、不必要なほどの反射光の計算を適当に減らす。 fuzzは反射時のランダム要素 ガラスの球と屈折率 わかりにく…

Rust レイトレーシング ⑧ 素材準備

今更このようなサイトを発見してしまったのでここも参考にしていこうと思う。 レイトレーシング入門1「光線の基本と反射」 - Qiita色々な素材を利用できるようにするために、Material Traitを定義してこれを持つ構造体を各素材とする。 このTraitを実装する…

Rust レイトレーシング ⑦床

http://e-tipsmemo.hatenablog.com/entry/2018/02/17/000000e-tipsmemo.hatenablog.com複数の物体を表示できるようにする。 とりあえず複数の球体をvecに入れる。 shapelistにもHITトレイトを実装することで前と同じようにhitを呼ぶだけ。 t0 ~ closest間の…

MIPS 命令順序入れ替えない

前にこのような記事を書いたが、 e-tipsmemo.hatenablog.comこのままだとMIPSの遅延分岐やSW/LW関連の依存の解消のために勝手に命令が入れ替わってしまう。解決法: asmの先頭に.set noreorderをつける。このプログラムを比較してみる。 add $1, $0, $10 add…

Rust レイトレーシング ⑥ スーパーサンプリング

Rustでの演算子オーバーロードを行うために、構造体にAdd/Mul/Div Traitを実装する。これを用いることで足し算、掛け算、割り算の演算子を使える。 スーパーサンプリングは光線の方向にランダムな要素を加えて、その方向から得られた色から平均をとることで…

Rust レイトレーシング ⑤ 法線

http://e-tipsmemo.hatenablog.com/entry/2018/02/05/000000e-tipsmemo.hatenablog.com 法線を用いて球に色を付ける。 交差した点の座標が必要。あとは前回のものを微修正するだけでOK 法線を計算をしてHitRecordに詰める。 matchではSomeの中に引数のような…

Rust レイトレーシング ④ 球体

sphereとshape_opを追加した。shpereは色を持つ。ついでにColorにnewメンバ関数を追加ておく。 光が当たったところを記録する。hit関数によって返される。当たった点pと法線ベクトルnと光源からの距離t。 後々のためにHIT Traitを定義。「HIT Traitを実装し…

EZ-USB FX2 Bulkloop ③

e-tipsmemo.hatenablog.com BulkloopのTD_pollを見ていく。 BulkloopではPCからinのEPに送られてきたデータをoutのEPからPCに送り返すものであった(はず)読み取り先のEPのステータスをチェックして 書き込み先のEPのステータスをチェックする。EPのバッファ…

Rust レイトレーシング ③ マルチスレッド

e-tipsmemo.hatenablog.com続き。見通しをよくするためにcolor構造体を利用することにした。各色は0.0~1.0しか取らないので適当にclampしてやる必要があるのでそういった細かい関数は へ書くことにした。 色は基本的にシーン内で計算することにした。 マルチ…

Rust レイトレーシング ② レイを飛ばす

e-tipsmemo.hatenablog.com 前回は画像を表示することが可能になったのでRayを飛ばす。 必要なものはカメラとスクリーンとそれらをまとめるシーンとレイレイトレーシングをいろいろと検索すると何故かz軸正の方向から原点を見下ろすシーンが多いようだが理由…

Rustでレイトレーシング 1.5 画像出力

e-tipsmemo.hatenablog.comの補足。後々にレイトレーシングをマルチスレッド化していこうと思っているので まずは画像出力をマルチスレッド化した。階層はこのような感じ 実行結果は以下の様になる 上から3つのスレッドがそれぞれ画素を計算している事がわか…

Rustでレイトレーシング ① 画像出力

e-tipsmemo.hatenablog.com何はともあれ画像を出力しないと何もできないので image crateについて軽くメモ 左上が原点のようだこのcargoとcrateの組み合わせで非常に簡単にライブラリの導入ができるのが頼もしい。Ray Tracing in One Weekend (Ray Tracing M…

Rustでレイトレーシング 0 準備

レイトレーシングを常々やってみようと思っていていた。 ちょうどよくRustという言語が波に乗り始めているらしいので ついでにRustでレイトレーシングを書くとは言っても0から何も見ずに書くのは学習も進まないのでRay Tracing in One Weekend (Ray Tracing …

Rust multithread 確認

e-tipsmemo.hatenablog.com このような記事を書いたが、そもそもthreadをたくさんjoinした後に、 その後の処理はそれらスレッドの終了を待っているのだろうか。と思ったので確認してみた。 #[cfg(test)] mod tests { use super::*; fn hoge(thread: u32, num…

Rust multithread 実行時間測定

multithreadが本当に効いているのかを確かめたいので シングルスレッドとマルチスレッドで実行時間を測定したかった。しかし、 ここのような e-tipsmemo.hatenablog.com cargo banchによる測定方法ではなんだかうまくいかなかったので シンプルに実行前後の…

Rustでマルチスレッド 試用

rustbyexample.comここを参考に e-tipsmemo.hatenablog.com をマルチスレッド化してみる。 ついでに積分計算は台形で行うように変更した。 extern crate test; use std::thread; #[derive(Debug, Copy, Clone)] struct Fx { a: f64, b: f64, step: u64, f: f…

Rust bench 実行時間測定

rustである関数の実行時間を測定したいときがあったのでメモ 環境 rustc --version rustc 1.24.0-nightly (f8af59d95 2017-12-13)rustc-testクレートが必要なのでCargo.tomlに記述する。 extern crate test; use test::test::Bencher; struct Fx { a: f64, b…