C++ Rest SDKでtwitter②

e-tipsmemo.hatenablog.com
の続き。

requestTokenが成功すると

oauth_token=xxxxxx&oauth_token_secret=yyyyy&hoge=zzzzz

みたいな文字列が返ってくる。
Request TokenとRequest Token Secretとなんとかid(つかわない)

https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token={oauth_token}
にアクセスするとPIN codeを貰えるので、それを次のAccess Tokenを得るときに使う。

requestTokenを得るときと同じ様にパラメータを作っていく。
signatureを作るときにSecret Keyを必要とするが、ここは先程得た、””Request Token Secret(oauth_token_secret)””を使う。


あとは同じ様に ヘッダーに入れてhttprequestを投げるだけ。


成功すれば、URI_queryのような形をしたものが返ってきて、失敗したらAuthentication Failedみたいな文字列を含んだJsonが返ってくる。
例外処理とかめんどくさくなったので、基本成功したと仮定して、
oauth_tokenはaccess token
oauth_token_secretはaccess token secret
ついでにuser idとscreen nameをパースする。

それらのパースに失敗したら認証失敗したことにしている。

ここで得られた、access tokenと、access token secretを保存しておけば次からはこれをつかってツイートなどできるので
毎回の認証操作は不要になる。
なのでこれらは厳密に保管されなければならない。

Twitter API ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

Twitter API ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)