xgpiops.h No such flie or Directory

zyboでUSB3320のリセットがMIO46につながっているのは
Zybo Reference Manual [Reference.Digilentinc]
ここからわかる。
f:id:katakanan:20180205235840p:plain:w150
どうやらハードウェア類がLinux前にリセットされていなければならないのは組み込みあるあるなのかしらないが
以下のサイトによるとそうしなければならないようだ。
forum.digilentinc.com
しかし、肝心のコードを入れるとXIlinx SDKにxgpiops.hなんか無いと言われる。

結論。
bitstreamを作る前に、GPIO-MIOを使うように設定する。
f:id:katakanan:20180206000217p:plain

XSDKはVivadoから履かれたHDFをもとに、必要最低限なヘッダー類だけコピー・生成している。
結局「#include "xiicps.h"が無い」と同じことだった。

Zybo Zynq-7000 ARM/FPGA SoC Trainer Board

Zybo Zynq-7000 ARM/FPGA SoC Trainer Board

zybo自体は安い良いボードだと思うけど書籍はあまり充実していないなと思う。
というのも
情報はDigilentやネットで手に入ってしまう。
何よりもVivadoが頻繁に更新されてしまうので本に書かれる方法はすぐに古くなってしまうからであろうか。